ご挨拶

                                  東京都隊友会会長 直海康寛

 熊本地震に全国各地の自衛隊が災害派遣されました。
今や全国の何処であろうが地震発生はもとよりあらゆる事態が発生した場合には全国の何処の部隊であっても直ちに対応が求められているといえます。
特に東京には首都直下地震が想定されていることもあり地域防災や所在部隊・隊員の活動に対して隊友会として貢献できることについてニーズや取り組みも具体化してきております。
また各区役所にも防災・危機管理監等として私達の仲間であるOBを採用する動きも進んできております。
隊友会として出来ることには限界があると思いますが、組織として貢献できることにしっかりと取り組んでいくべきと考えます。

 最近は現役自衛隊側で隊友会への理解や入会を促進する施策が進められております。
大変有難いことであります。私達としてもこの動きに対し積極的に対応していざという時の部隊との連携に、また会の活性化や会勢の拡大に如何に繋げていくかが問われていると言えます。
隊友会は昔と違い近隣に所在する駐屯地・基地や地本との交流、接点が希薄になっていることを指摘されてきましたが、正に身近な部隊・隊員との交流が私たち隊友会の活動の原点であることを今こそしっかりと認識したいと思います。
また各支部の地域に所在する地本の地区隊・出張所等や各自衛隊協力団体との平素からの交流連携も一層大切になってきました。
今、隊員募集で地本が大変苦戦していると聞いています。
情報の提供等で積極的に支えて行きたいものです。

 昨年度は各支部のそれぞれの地域の特性を生かして積極的に活動していただきましたが逆に各支部ともに地域の特性ともいえる色々な問題を抱えてご苦労されている面もあるようです。
先ずは会員一人一人のボランティア精神や参画意識と言った面でより一層き掛けて行くことが必要ではと感じております。
今年度も東京ならではの多様な特性を生かした各支部の積極的な活動と会員の参画意識を期待いたします。
本年度もよろしくお願い致します。

                                                            平成28年6月25日



                                     ホーム | 隊友会とは | ニュース・連絡 |会員・支部の声 | サイトマップ

 平成28年度通常総会 会長挨拶

サイトマップ | お問い合わせ | プライバシーポリシー |