ホーム | 隊友会とは | ニュース・連絡 |会員・支部の声 | サイトマップ
★★★ 東京都隊友会医療支援部会通信 4号 ★★★ 

東京都隊友会
トップページへ


                                       2015年10月1日 発行
【活動報告】


8月8日 : リオデジャネイロ五輪出場選手激励会
 かねてより医療支援部会にて支援している近代五種競技において、リオデジャネイロ五輪代表に選ばれた朝長なつみ選手(警視庁)の激励会に出席いたしました。
男子では三口智也選手(体校)もリオデジャネイロ五輪代表に選ばれております。
あと2名の出場枠を体育学校より獲得できるように応援させていただきます。

     
     「朝長選手は競技生活3年で、オリンピック出場権を獲得しました!」

8月9日 : 救命講習会開催
 日本橋消防署にて開催された、救命普通講習会に参加いたしました。
これからも初回及び継続講習会への参加希望者がおりましたら、各自又は各支部長が取りまとめて連絡頂ければ、医療支援部会にて手配致します。
次回は、12月13日(再講習コース)を予定しております。受講希望者の連絡をお待ちしております。

     
           「暑い中、参加いただきありがとうございました」

8月15日 : 終戦記念日・靖国神社救護所開設
 終戦70周年を迎える今年から、終戦記念日に靖国神社を参拝される方々を対象とした救護活動を隊友会医療支援部会で統括する事になりました。
今年は、19万人と例年を3万人ほど上回る参拝者がお越しになられ、医療支援部会会員延べ8名で、救急搬送を要した重症患者を含む32名に対応いたしました。
また当日は北区、千代田区、世田谷区、練馬区、板橋区、足立区、八王子、江東区、中央区など隊友会各支部会員、現職常備・予備自衛官、自衛隊支援団体、戦没者協会、地元代議士、予備自ブルーリボンの会、一般ご遺族の方々などをはじめとした多くの方面より激励いただきました
事を改めて御礼申し上げます。
また、靖国神社宮司 徳川康久様からも直々に感謝のお言葉を頂きました。
医療支援部会では、今後とも靖国神社を支援致します。

        
        「開門と同時に設営開始・とても暑い一日でした」      「熱中症をはじめ、さまざまな傷病者が受診」

    
         「例年を上回る参拝者でした」             「実生活では看護部長から看護学生まで参加いただきました」
 
9月6日 : 近代3種競技日本選手権研修・医療支援
 将来の近代五種競技のオリンピアン発掘のために毎年開催されている、近代3種競技日本選手権のメデカルサポートに部会員3名で参加いた しました。
参加選手人数も増えて嬉しく思います。
さらに今年は医療支援部会会員の中島先生の御令嬢様も出場され、優秀な成績を収められました。おめでとうございます。    

    
         「浦頭さん、一日おつかれさまでした」               「この学校の選手も沢山出場されています」
     
9月6日 : 中央区統合防災訓練支援
 昨年より、中央区隊友会が支援を開始した中央区統合防災訓練に医療支援部会からも支援を実施いたしました。
海外の新しい傷病治療器材に関する展示においては、区民はもとより地元医師会の方々も熱心に説明を聴かれておりました。
また、医療支援部会のお姉様達の広報活躍は区民の皆様はもとより、部隊からもたいへん好評でした。
協力頂いた皆様、御礼申し上げます。(写真提供 練馬支部 藤田様)

    
   「咲間中隊長以下、参加隊員の皆様 ごくろうさまでした」       「軽装甲車との写真撮影会は、大人気でした」

9月13日 : 鬼怒川水害に対する緊急医療支援活動実施
 9月10日に発生した、茨城県を中心とする水害による罹災者に対して緊急救護活動を実施いたしました。
部会員4名にて、避難所6ヶ所を巡回し24名の診療・支援物資配布にあたりました。
終了後、日本医師会災害医療チーム茨城の統括責任者と筑波大学病院で情報交換・状況説明を実施いたしました。
罹災者・地元関係者の方々から、たくさんの感謝の言葉を頂き、参加者一同、たいへん嬉しく思いました。
また、急な招集にも関わらず参加頂いた部会員の皆様、ありがとうございました。

    
            「水海道 水没地域」                  「活動を重ねるにつれ医療活動も円滑になってきました」

         
     「NHKと朝日新聞による同行取材」             「一日おつかれさまでした」

9月23日 : 世田谷平和観音法要医療支援
 世田谷支部が支援を行っている世田谷平和観音年次法要に、今年から医療支援部会もお手伝いさせて頂く事になりました。
当日は、「神雷部隊」「御楯隊」「振武隊」・・・何れも、武勲嚇々たる特攻隊の御遺族の方々参列のもと、厳かな雰囲気の中で営まれた法要を支援できたことを、たいへんな栄誉であると思います。

      
           「天井に菊の御紋章が・・・」                    「出席された、隊友会会員の皆様と」

9月25−27 : 靖国神社秋の夜長参拝支援
 終戦記念日の救護所開設実績の実績を受けて、終戦70周年特別行事、靖国神社秋の夜長・参拝 「みらいとてらす」の救護所開設を靖国神社事務局より依頼にて、実施いたしました。
3日間、延べ6名の医療スタッフで対応いたしました。
夜の靖国神社は、荘厳な雰囲気でした。

        

9月27日 : 近代五種競技日本選手権実地研修・医療支援
 東京オリンピックに向けて、各競技団体が体制強化に入っております。
選手の多くを自衛隊体育学校が占める近代五種を統轄する日本近代五種協会と隊友会との連携強化を目的に、近代五種競技日本選手権の見学と研修を実施致しました。

     
   女子は朝長選手・男子は小野選手が優勝されました         朝霞医務室技官のお嬢様、障害馬術 首位!

    
          一日、お疲れ様でした                         体育学校 山中校長と

【活動予定 】

10月19日:千鳥ケ淵戦没者慰霊祭医療支援
11月22日:横須賀シーサイドマラソン救護支援

【その他の活動実績】
 隊友会・自衛隊関係者健康相談 : 診療3名(整形2名・内科1名) 健康相談4名 書類作成1名
 ※健康相談、診療は随時受け付けております。問い合わせは下記アドレスまで連絡ください。

【受講者募集】
 普通救命講習会(再講習コース)を12月13日(日)に開催いたします。
受講を希望される方は、11月末日までにまでに中央支部事務局まで連絡お願いいたします。

【部会長より】
 今国会において、安保関連法制が成立いたしました。
今後自衛官が国民の生命と財産を守る為に、紛争の矢面に立つ機会が増える事は間違いはないでしょう。
結果として、隊員へのリスクの増大も避けられないものと認識しております。
医療支援部では、自衛隊の主たる任務により生ずる生命リスクに対応できる医療技術的裏づけを獲得することで、我々、現職予備自衛官を含め、隊員の生命リスクの増大を最小限にとどめるべく、紛争の現状に即した技能習得に努めたいと思います。
皆様の御理解ご協力を、お願い申しあげます。       白須一也 
 

発    行  医療支援部会理事         浅野早苗
問い合わせ  中央区隊友会/医療支援部会  

連絡先:taiyuukai.chuuou@gmail.com  白須一也