ホーム | 隊友会とは | ニュース・連絡 |会員・支部の声 | サイトマップ
★★★ 東京都隊友会医療支援部会通信 8号 ★★★ 

東京都隊友会
トップページへ


                                       2016年8月1日 発行
【活動報告】

4月17日 
かすみがうらマラソン救護活動
 
かすみがうら市の要請に基づき、昨年に引き続き、かすみがうらマラソン救護活動を実施致しました。
熊本地震災害直後の開催でしたが、大きな混乱もなく無事終了いたした。

    

6月19日
近代五種競技記録会救護活動

リオデジャネイロオリンピック直前の近代五種競技の記録会において、救護活動を行いました。
東京オリンピック代表が参加選手の中から選出されると思うと、楽しみです。

    

7月2日
近代五種競技リオ五輪壮行会

たくさんのマスコミ関係者出席の元、リオデジャネイロオリンピック代表者3名の記者会見に引き続き、壮行会が盛大に行われてました。
ロンドンオリンピック同様、自衛隊体育学校2名、警視庁1名の陣容でした。メダル獲得を祈念致します。

    

7月24日
「相馬野馬追い」救護活動

南相馬市よりの要請に基づき、今年も福島復興の象徴的祭礼である「相馬野馬追い」の救護活動を実施致しました。
昨年と異なり、落馬による外傷が多かったですが、地元医療機関と円滑な対応ができました。
医療支援部会では、これからも福島復興支援を主たる活動のひとつに位置づけ、支援していきたいと思います。

    

    

7月31日
自衛隊OB福島除染作業現場巡視

被災後五年になりますが、今日も北海道から沖縄までの元自衛官が除染作業に従事されております。
猛暑の中での作業の安全をお祈りいたします。

7月31日
福島第一原発20`圏内視察

地元NPO団体の協力により、福島第一原発20`圏内を視察致しました。
時間の経過と共に一般の方々の関心が薄れる事は止む得ない事としても、有事においては、その矢面に立つ事が予想される職種においては、体験を風化させない努力が必要であると思います。

    
     請戸港の先に 福島第一原発を望む        請戸地区は津波で壊滅した上にいまだ立ち入り制限地区

    
浪江町の新聞集配所も慌ただしく避難した様子がうかがえる  福島第一原発の水素爆発を伝える新聞が配達されずに放置

【部会員の活動報告】
今年も、富士吉田から富士山頂を目指す「富士登山競争」における救護ランナーとして出場いたしました。
あいにくの天候で、競技は五合目までで打ち切りとなりましたが、大きな怪我も無く、楽しい大会でした。(浦頭薫様より)

    

始めて、「相馬野馬追い」救護活動に参加いたしました。
予想以上に勇壮な祭礼に感動すると共に、地元の看護師さんからの被災地の現状を聴くことが出来た事で、たいへん有意義な時間を過ごす事が出来ました。(戸田幸子様より)

    

【活動予定】
富士登山駅伝救護活動
8月7日、全国の自衛隊部隊が集結し、その実力を競う「富士登山駅伝」に、今年から直接支援を行う事になりました。
万全の準備の元、安全な大会となる様にお手伝いさせて頂きます。

    

終戦記念日靖国神社救護所開設
8月15日今年も終戦記念日に救護活動を実施致します。
昨年同様、内宮に加えて傷病者の多い参道沿いにも新たに救護所を増設致しますので、周知の程よろしくお願い申し上げます。

  

発行 隊友会医療支援部会   浅野早苗
隊友会医療支援部会      白須一也
taiyuukai.chuuou@gmail.com  

                             医療支援部会トップページへ