平成23年6月21日 第126号
                 支 部 便 り (6月号)
                                         発行所 東京都隊友会練馬支部
                                         支部長  道面 康紀

1 会員の動き(敬称略)

(1)物故者  謹んで御冥福を、お祈り申し上げます。
    渡邊 和夫 S58年入会 平成23年4月10日逝去 享年81歳
    大河内昭夫 S55年入会 平成23年6月 8日逝去 享年84歳
(2)退会
    笠原 利治(健康上の理由) 西村 猛夫(健康上の理由) 後藤 章二(転居)

2 平成23年度年会費納入及び運営費ご寄付を頂いた方のご芳名(敬称略)
                            (6月18日現在)
(1)年会員会費 3,000円
   吉松博志 小宮秀行 林 武博 渡部高明 川路幸徳 崎山昭吾 杉本 毅
   山木邦男 崎村信弘 高田光廣 星 久 小杉秀二 天谷豊志 牧内達哉 
   丸山善弘 山口末広 菅野徳彌 松島秀吉 西村猛夫 吉井伸作 和田達哉
   田沼久佳 久井 勲 島影 懿 石川 上 清野三男 伊落重一 池田孝雄
   冨士貢一 藤枝 通(順不動)
(2)年会員で会費プラス運営費
   6,000円:小谷 久 5,000円:道面康紀 原山政次 
   4, 000円:福田安司
(4)終身会員で運営費
   13,000円:横山宗一
   10,000円:柴田平八郎 横山信治 名和重道
    6,000円:堤 六昭
    5,000円:江花頼之 佐伯忠史 村越和平 内田芳郎 奈良橋正利 小柳毫向(順不動)
    3,000円:倉永富敬 小林有一 佐野弘之 志村隆士 宮中由美 林 久
           武田正德 上坂 康 林 良忠 西本 正 田邊英雄 杉浦旦悦
           斎藤一郎 石母田治 岡田 憲 佐柳明雄 上野 茂 尾渡健三
           井上宇之助 野口 昭 横山松雄 並木喜松 山本光彦 川越重比古
           塚本弘満 笠原利治 濤 勇治 内藤勝仁 鈴木恒雄 岡林忠志
           馬場淳一 辻 久義 本間靖啓 松本 茂 大東信祐 佐藤徳義
           米川忠吉 赤澤常壽 関根千吉 落合成行 那須秋男 大塚 明
           粟 威之 神宮 彰 平野豊作 宮下保人 武下恵亮(順不動)

    ※ 年会費の納入及び運営費のご協力を頂き有難う御座いました。厚く御礼申し上げます。

3 平成23年度支部定期総会・研修会、懇親会実施報告
  6月18日(土)練馬区役所20F交流センターに於いて、実施しました。

(1)定期総会(18:10~18:40)
   会員272名の内、出席者24名、支部長委任128名で、平成22年度事業報告・収支決算及び
  平成23年度事業計画・予算等の議案を審議し、全会一致で承認可決されました。 尚、平成23年
  度支部定期総会の可決事項は、支部便り7月号に掲載します。
(2)研修会(18:45~19:15)
   東日本大震災に伴い新設された震災対策担当課長から、大震災に対し練馬区の取った行動及び大震
  災を踏まえての新たな対処計画について、説明を受けました。
(3)懇親会(19:30~20:50)
   地元国会議員を始め、支部が日頃お世話になっている方々を、来賓として迎え、終始和やかな雰囲気
  で実施しました。 

4 防人災害ボランティア活動報告
                   練馬支部理事役 即応予備自衛官  藤田 雅行

 3月11日東日本大震災発生直後、所属の第31普通科連隊から災害派遣のための待機の指示が出、被
災地の方々の為、一身を賭して任務を遂行すべく覚悟を決め派遣命令を待ちました。他師団の即応予備自
衛官が命令を受け召集される中、次はいよいよ我々の番かと期待をしておりましたが、首都防衛を担う第
1師団隷下部隊の我々には、何時まで待っても命令が下る事は有りませんでした。

 私は、所属部隊では、古参の筆頭の立場にあり、多くの若い隊員から被災地で何か出来る事はないか、
被災地の皆さんの役に立ちたいという熱意に押され、事前偵察に行かれた会員の方から情報を頂き検討の
結果、ボランティアの数も比較的少なく、東京から約350kmとアクセスも容易な宮城県岩沼市に活動
拠点を選定し、4月下旬から毎週金曜日夜出発し土・日の二日間行動し、夜間に帰京する活動を行ってき
ました。

 活動内容は、本来ならばボランティアセンタースタッフが行うボランティアスタッフ派遣のための被災者宅へ
のニーズの掘り起しが出来ていないとの事で、被災者宅への戸別訪問を行い、ボランティアニーズの掘り起
こしを優先に行いました。一般のボランティアと違い、隊友会会員=自衛隊OBと言う事で、ボランティアセン
タースタッフからの信用も頂き、戸別訪問の活動を依頼されたことは、真に誇らしく思いました。

 今回の活動を通じ強く感じたことは、被災者の方々の強さと優しさです。自分達の事は、二の次、三の次で、
人に対して思いやる気持ちに触れる度に、胸の底からたぎるものが溢れ出し、目頭が熱くなりました。

5 第16回隊友ふれあいウォーキングの実施報告

 6月4日(土)22名(夫婦2組、婦人5名)の参加を得て、予定通り実施しました。JR中央本線「荻窪駅」に
集合後9時出発、爽やかな天候に恵まれ、良く整備された善福寺川緑地公園沿いに、松ノ木遺跡、区立郷土
博物館を見学の後、大宮八幡宮及び高千穂大学の遺跡および遺跡からの出土遺物を見学し、13時過ぎに
予定通り西永福に到着、昼食会実施後、解散しました。
                次回は、10月1日(土)多摩川沿いの古墳群を訪ねます。

6 行事予定
  7月20日(水) 練馬支部役員会
  7月21日(木) 練馬駐屯地「納涼祭」
  7月30日(土) 北町阿波踊り:隊友会出店(自衛隊グッズ他)


 公益社団法人東京都隊友会練馬支部事務所
  〒177-0032
   練馬区谷原3-26-6   道面 康紀
  TEL・FAX 03-6766-3262

Copyright 2007 TOTAIYUKAI.All rights reserved.

サイトマップ | お問い合わせ | プライバシーポリシー |

                                     ホーム | 隊友会とは | ニュース・連絡 |会員・支部の声 | サイトマップ