ホーム | 隊友会とは | ニュース・連絡 |会員・支部の声 | サイトマップ

世田谷支部たより(141号抜粋)                             平成27年3月  世田谷支部長 岩崎修治


1 救命講習の受講

 2月2日(月)、小池理事役の企画調整で3年ぶりの救命講習を世田谷消防署にて実施。
会員・家族等7名が参加し、久々の救命訓練に汗を流した。
また新たに組織された都隊友会・医療支援部会の2名が講習の実施状況を研修した。

研修を引き受けて頂いた世田谷消防署の皆さんを交えて。



お祈りではなく、周囲の人に助けを求めているのです。         AED操作と心臓マッサージの連係動作 
(銀行強盗じゃありませんよ)

  

2 電話連絡網確認訓練の実施

 東日本大震災が生起した3月11日(水)を基準とする前後2〜3日間、電話連絡網の正確性実効性を確認するとともに、会員の健康状態等を確認するため電話連絡網の確認訓練を実施した。
担当した各地区正・副連絡責任者、また協力頂いた各会員の皆様に感謝申し上げます。
訓練成果は、未集計ですが、日々の支部業務及び次期連絡網改正に反映させる所存です。

3 米海軍横須賀基地研修の実施

 3月17日(火)、榎本副支部長の企画調整で米海軍横須賀基地を研修。
会員・友人等14名が参加し、横須賀米海軍基地に関する全般ブリーフィング受けの後、歴史的建造物である旧帝国海軍横須賀造船工廠のドライドック、入港中の巨大原子力空母ジョウジ・ワシントンを見学。
その後、米軍食堂で昼食の後、米海軍基地を離れた。
帰路、日露戦争の記念艦・三笠にも立ち寄り研修を終了した。

在日米海軍司令部前にて記念撮影                    基地の歴史、概要について広報担当者から説明を受ける。

  

旧海軍から使用されたドライドック。                    岩壁から見上げるジョウジ・ワシントンの艦橋。
(富岡同様フランス人技師の指導で作られた)              (70歳以上はここまででした)    

  

飛行甲板にて。                                艦長の椅子から眺めた飛行甲板と外の景色。
この後艦橋まで狭い階段を登り、艦長の椅子を体験。

  

横須賀のシンボル、記念館・三笠。新しくできたベルニューイ公園にも立ち寄り帰投。



                                            世田谷支部長 岩崎修治
                                            メール: abuiwasaki @yahoo.co.jp  TEL: 03-3421-6029

世田谷支部たより(140号) (平成27年1月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(139号) (平成26年11月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(137号) (平成26年7月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(135号) (平成26年3月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(134号) (平成26年1月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(131号) (平成25年5月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(129号) (平成25年3月抜粋)へリンク

世田谷支部たより(128号) (平成25年1月抜粋)
へリンク


                                                      トップページへ
世 田 谷 支 部
<