千鳥ヶ淵墓苑奉仕会主催の平成22年度秋季慰霊祭が10月18日月曜日、秋篠宮殿下ご夫妻のご臨席を仰ぎ、政府高官、各政党代表、駐日外国大使館付武官等内外多数の貴賓及び自衛隊からは統合幕僚副長をはじめ陸、海、空幕僚長以下が参列し厳粛に執り行われました。全国各地から数百人を超える人々が慰霊の誠を捧げるために参集し意義深い行事でした。

 式典は国歌斉唱、献茶の儀、奉仕会宮下創平会長の式辞、先帝陛下及び今上陛下御製奉唱、童謡・唱歌の斉唱、総理大臣追悼の辞の代読、そして秋篠宮殿下ご夫妻が墓前に進まれご拝礼、黙祷を捧げられました。参列者全員もこれにならいました。

             

 続いて陸海空からの代表部隊とそれぞれの音楽隊による拝礼が行われましたが、整然とした半歩行進の威容は参列の人々に深い感銘を与えた様子でした。

 東京都隊友会は深山明敏会長以下68人で受付、案内、進行、接遇、駐車、救護等の支援を行いました。整斉と業務を遂行し無事、円滑に式典は終了しました。この支援は平成11年から、旧軍人に代わって全面的に実施しておりますが例年、平日にもかかわらず60人以上の隊友がボランティアとして早朝から参加し、隊友ならではの組織力、実行力を発揮して厳粛かつ整斉とした式典の実現に貢献し、墓苑奉仕会始め関係各方面から賛辞を頂いています。

 千鳥ヶ淵墓苑は昭和34年3月28日に竣工して、海外各地で亡くなられた身元不明の方々のご遺骨を祀るお「墓」として官民合同の熱意により創建されたものです。現在40万柱のご遺骨が納められています。千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会では会員(年会費3,000円)を募集しています。できるだけ多数の皆様に是非入会頂ければと、お願い申し上げます。詳細については奉仕会(電話03−3261−6700)までお問い合わせ下さい。

          支援の様子をご覧ください。

                                 (東京都隊友会事務局)

Copyright 2007 TOTAIYUKAI.All rights reserved.

        

サイトマップ | お問い合わせ | プライバシーポリシー |

                                     ホーム | 隊友会とは | ニュース・連絡 |会員・支部の声 | サイトマップ